無題

"思ったこと感じたこと考えたこと。"

もしかして自分は…

お題「これって私だけ?」

 

『これは一年ほど前、友達数名とお昼ご飯を食べていた時に起きた事件である。

 

その日も、友達とペチャクチャ喋りながらお弁当を食べるという、至って普通のお昼休みを送るはずだった。あんな事が起きるまでは…

 

事件の発端は、友達と弁当のオカズがかぶっていた事であった。

 

そのオカズとはシューマイである。

 

さっきまでミステリアスだったのに、「何だよ、ただシューマイがかぶっただけかよ!」と思う人もいるかもしれないが、問題はここからである。

 

シューマイが、かぶっていたことがきっかけで、シューマイには何を付けて食べる派か という話になった。

 

醤油、ポン酢、カラシ、何もつけない… という風にみんなで答えていき、遂に自分の番が来た。

 

そして、自分は 「マヨネーズ!」と答えた。

 

満場一致で否定された。それどころか、若干引いてる人までいた始末だった。

 

我が家では普通のことで、不思議に思ったことなど一度もなかったので、シューマイにマヨネーズをかける事が、マイナーどころか賛同が全く得られないことに、強い衝撃を受けました。

 

よくよく考えると、シューマイ、春巻き、ウインナー、サラダ類、カレー、目玉焼き、唐揚げ… と言うように、我が家では割と色々なものにマヨネーズをかけるのである。

 

そして、1つの謎が生まれた。

 f:id:cosmic-cube333:20161120133546j:image

もしかして自分はマヨラーなのか?

 

たまたま、シューマイにマヨネーズをかける人がいなかったのか。はたまた、シューマイにマヨネーズをかけるのはかなり少数派なのか…

 

こうして事件は迷宮入りした。』

 

こういうように、今まで何気なくやっていた事が、実は、他の家庭では通用しなかったり、その地域独特だったりする事って、案外沢山ありますよね。

 

そういう事を経験したり、話を聞いたりする度に、なんだか面白いなぁとしみじみ思います。

適性→発見?発見→適応?

ふと、将来自分はどんな仕事をしているのだろうかと考える時がある。

 

何かの研究者になるとか、どこかの企業で働くとか、何かの職人になるとか、イメージしてはみるものの、具体的な事は何もわかっていない状況ではある。

 f:id:cosmic-cube333:20161105033635j:image

けれど最近、仕事に関しての考え方で変わってきた事がある。

 

今までは、自分のやりたい事や自分の長所が活かされるように、自分に合った仕事を見つけるというのが、理想的で一番だと思っていた。

 

ところが最近、巡り合わせの中で出会った仕事に自分を合わせていくというのも、ありだと思うのだ。

 

というのは、自己啓発欲が高まってきて、今まで保守的な面が台頭していたのが、新しいをフィールドを開拓して、自分の顔を増やすことの楽しさを知ったからだろう。

 

将来どんな仕事をしているにしても、仕事だからと仕方なくやるのではなく、自発的にやりたいと思って働いていられたら良いなと思う。

予算の少ない冒険活劇

お題「楽しみにしているテレビ番組」

 

タイトルから察した人も沢山いるのではないでしょうか。

 

そうです、楽しみにしているテレビ番組とは "勇者ヨシヒコ" です。

 

f:id:cosmic-cube333:20161022022553j:image

 

このドラマの概要としては、勇者であるヨシヒコが、3人の仲間を引き連れて、仏のお告げで、魔王を倒すために旅をしていく という パロディ × コメディ の最高に楽しい作品である

 

私は、ドラクエ好きにはたまらない設定  独特のチープ加減からくるシュールさシンプルかつストレートな笑い という世界観にどハマりしている

 

第1期2期ともに3周以上は観ていて、更に今放送中の第3期も生放送+youtubeで2周観ている、という溺愛ぶりだ。(自分で言うのもなんだが。)

 

 主要キャラクターが6人いるのだが、その中で私が1番推しているのがムロツヨシさん演じるメレブだ。説明するのは、なかなか難しいのだが、一言でまとめると、ボケもツッコミも面白くしてしまうなかなかハイブリッドなキャラである 笑

 

 f:id:cosmic-cube333:20161022030049p:image

 

そんな勇者ヨシヒコの第3部作 勇者ヨシヒコと導かれし七人毎週金曜日 深夜0:12 から テレビ東京 にて 絶賛放送中です!!!

 

ドラクエ好きの皆さんはもちろん、ドラクエをあまり知らない人、第1期2期を観ていないからと牽制している人も是非観てみてください。