無題

"思ったこと感じたこと考えたこと。"

読書。

『変身』カフカ

あらすじ 目覚めたら巨大な虫(ムカデ?)になっていたグレーゴル。そのグレーゴルの日常が変わり果てていく様とその最期までを書いた作品である。 感想 この作品を読み終えて振り返ってみると、疑問や嫌悪感が多く残ったが、何故だか妙に納得する話でもあった…

そうだ、読書をしよう。

大学生になって有り余る暇ができた。それを、どう埋めようかと考えていて、たどり着いた1つの答えが読書である。 読書は、特に好きでも嫌いでも無いが、なぜか無性にしたくなる時がある。 だが、新書の啓発本ならまだしも、小説を読んで、どういう話だった…